これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

早稲田大学が「Yahoo! メール」導入決定!

今回は「早稲田大学」を取り上げさせていただきました。

ついに「Yahoo!メール 」の大学第一号が!早稲田大学
先ほど、本ブログのコメントで知りました。(あけぼのさん、情報ありがとうございます!)


 今回は、早稲田大学の学生と教職員へ大学の指定するメールアドレスを提供します(メールボックス容量:1GB)。学生、教職員が「Yahoo!メール」を利用する際、広告は表示されません。2008年度中に学生、教職員等あわせて約7万人に提供する予定です。さらに、広告非表示機能は搭載しませんが、50万人以上の卒業生にもメールアドレスを配布する予定です。

まだ早稲田大学サイトには、このネタは載っていないようです。
  2008.02.15更新。
  載ってました →「早稲田大学における「Yahoo!メール Academic Edition」の導入について


そんでもって「yahooメール 早稲田大学」で検索してみると、このニュースが出るわ出るわ。
今回は、上記のYahooからの告知に「+アルファ」された情報をピックアップしてみました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(続き)

RBB TODAY」から。

早稲田大学出身の有名人といえば、福田康夫(政治家、現総理大臣)、井深大ソニー創業者)、村上春樹(小説家)、綿矢りさ(小説家)、タモリ(タレント)、藤木直人(俳優)、小田和正(ミュージシャン)、デーモン小暮閣下(ミュージシャン)、ヒライケンジ(芸人)など、枚挙にいとまがないが、この方たちのメールアドレスがどうなるのか気になるところだ。


私はあまり気になりません。そのうちアドレスを予測して送信する輩が出てきそう。


またYahoo!メールのアカウントの発行は強制ではなく、基本的に希望者が対象となる予定だ。現行の学内システムやアカウントはそのまま並行して稼動させるので、同大のアカウント(waseda.jp)がYahoo!メールに切り替わるわけではない。在学中の有名人についても「現行の学内システムと同じ扱い」とのことだ。


あら、希望者のみなんだ。で、現行アドレスも並行サービスなのか。
もしかして、Yahooアドレスの方は好きな文字列でアドレス作れるようにするのかな。


日経パソコンオンライン」から。

なんと、利用イメージ画面まであるのだ。へぇ〜、こんな感じなのか。。


ヤフーのソーシャルネット事業部企画部リーダー堀下剛司氏は「高校では携帯電話の利用が主かもしれないが、大学に入りパソコンを使う機会は増える。そのときのファーストメールにしてもらい、かつ生涯メールになれば理想」としている。


なるほどね。


こうした教育機関向けのメールサービスは、グーグルやマイクロソフトも手掛けている。早稲田大学はヤフーのサービスを選んだ理由について、「3社を比較検討したが、秘密保持契約とサービス品質保証契約が結べることが大きかった。また、それ以外のサービスの提案もしてもらったことも魅力を感じた」としている。


ほうほう。他の二社は結べないのかな。※「それ以外のサービス」ってなんだ?


おまけ。やはりあった。「2ちゃんねる」です。

Gmail派も結構いるようです。※やはり2ちゃんねる。否定的な意見が多いですね。



1つ気になること。
以前、本ブログでこんな投稿をしました。
  大事な用件にYahoo!メールは使うな!

このようにYahooメールとのやり取りに不具合のある大学の場合、今後早稲田大学とのやり取りでも同じことが起きるのだろうか。。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ