これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

VISTA見送り派と推進派

今回は「VISTA賛成!反対!」に関するネタです。 (学生さんの手厳しい〜ブログも紹介)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


年末にはWindows7発売!」なんて記事も出てきました。
巷では「VISTA越え」なんていう言葉もよく耳にします。


今回は、VISTAの「見送り派」と「推進派」を紹介します。
※ある企業を紹介しています。大学の場合と事情は異なりますが参考になるので。


まずは見送り派。 「大成建設」の場合です。 (日経パソコンオンラインより)

screenshot
職場でのWindows Vistaの導入が遅々として進まない。発売から1年半が経過したにもかかわらず、導入企業は全体の3パーセント台。普及の兆しは、一向に見えてこない。
なぜ、職場での導入が進まないのか。Vista導入の見送りを決めた、ある大手建設会社の情報システム担当者に不採用の理由を聞いた。
」とのこと。



今もWindows2000が主流の会社も多いのですね。(システムによってはNTも?)
以下、参考になった部分。


● 導入コストの問題です。Vistaへの移行費用をザッと見積もったところ、少なくとも15億円程度の費用がかかることがわかりました。しかし、これほどの投資をしても、得られるメリットがまったく見えてこないのです。


● 今回のVistaの新機能には、これといった目玉がありません。「余計なお世話」と思えるユーザーインターフェースばかりが目に付きます。なぜ、継承性を犠牲にしてまで基本構造を変えたのか、理解に苦しみます。


● 代替案の1つは、XPを2014年以降も使い続けることです。確かにMicrosoftのサポートは打ち切られますが、工夫次第で乗り切れなくはない。その方が、ずっと安くつくかもしれません。(省略)もう1つは、LinuxをクライアントOSとして利用する方法です。


そして推進派。(推進する記事、です)
タイトルがすごい。 「まだ見ぬWindows 7 より、いまあるVistaを!IE8を!」。 (@ITより)

screenshot
Windows 7の姿がおぼろげながらに見えてきた。しかし、それを待たずとも最新のテクノロジーを享受することができる。
前回紹介した「3つの強化ポイント」に続き、Windows Vista SP1へ移行するために知っておいて損はない情報をお送りしよう。

とのこと。



VISTA推進の記事も珍しいので載せてみました。 ポイントは以下3つ。


理由その1:Windows VistaWindows 7は同一カーネルベース
理由その2:Webアプリケーションのプラットフォーム、IE8の存在
理由その3:移行に伴う課題をクリアする仮想化ソリューション


なるほどねぇ。。 o(_ _).。o○○
頭では分かったつもりではいますが、やがてWindows7を入れることを考えると、今の時期VISTAを急いで入れるのも。。って感じです。 お金もないし。。


※上記ページ内に関連リンクあり。
 Windows 7 を待つべきではない!その理由とは」 なんだ、Microsoftサイトじゃん。


で、一応ここは大学関連のブログでもあるので。。
この4月よりVISTAを導入した大学の“学生さんのブログ”を紹介します。(大学は不明)


screenshot
そんな中、我が大学は今年度よりVistaを導入しました。大量にPCがあるので、どれくらいお金かかったのかわかりません。
高い学費取っておいて、もうね。アホかと。まぁ学生がバカだと上の人間もバカなようです。仕方ないですね。
」とのこと。
厳しい意見。。


screenshot
なぜかうちの大学に今年度からWindows vistaが導入された…
動作が重過ぎる  タスクマネージャのパフォーマンスを見てみると何もしてないのに800MBもメモリを使ってる模様。
なぜこの時期にvistaを導入したのかまったく理解ができない。

とのこと。これも厳しい意見。。


※上記2つは「VISTA、導入、大学」でブログ検索して出てきたブログです。
 意図的にこういうネタを拾ってきたのではありません。m(__)m




結局本学も、多少なりともVISTAはあります。
大学として最新の設備を!」という意見ももっともだし、「就職すれば会社ではXP。。」という現実もあり。。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ