これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

パスワード再発行に1000円?!

今回は「玉川大学」「二松学舎大学」を取り上げさせていただきました。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


パスワード忘れちゃいました
どんなに運用を効率化してもこの問い合わせが無くなることはありません。


今回は、パスワードの再発行の申請に“高額”な費用がかかるところを紹介します。
(ちょっと厳しすぎると思うぞ)


玉川大学」です。 (ITサポートデスクより)

screenshot

3.アカウントの再発行には、1,000円および、アカウント再発行ガイダンスに参加する必要があります。アカウントの取り扱いには十分注意してください。アカウント票の再発行は、ガイダンス受講後2日後(土・日曜日・大学の定める休日を除く)となります。
とのこと。


再発行に1,000円!
更にガイダンスに参加、そして発行はその2日後。道のりは険しい。。


二松学舎大学」です。 (情報センターより)

screenshot

パスワード再発行申請書
パスワードを紛失してしまい、再発行を申請する場合提出する。
再発行にあたっては、手数料として1000円の証紙を貼付すること。

とのこと。


ここも再発行に1,000円です。
ネットワーク利用規程」にも「再交付の手数料は壱千円とする。」と明記されてます。


4月5月頃は再発行が多いと思います。大学として、結構な収入になると思う。
ちなみに、教職員が忘れても1,000円徴収しているのだろうか。 怒る教員とかいそう。


なお、今回のネタは、以下記事を見たのが発端です。Yahoo!ニュース(ITmedia)より。

screenshot


Webサイトなどでパスワードを入力する際、「****」を使って入力した文字が見えないようにする必要はないのではないか――。そんな提案をめぐり、研究者が賛否両論を展開している。
とのこと。


なるほど。「パスワードが正しいはずなのにログインできない!」と怒って窓口に来る学生さんの場合、有用かもしれない。


※参考1 アンケート結果もあります。→ 「意識調査(グラフ入り)
       「****」は不要 に対し「そう感じる」「少し感じる」で6割超えてます。


※参考2 過去ブログより。→ パスワードは正しいはず!




ちなみに本学では0円です。 お金取ると窓口業務も負担になっちゃいますし。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ