これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

早稲田大学でlivedoorの無線LANを!

今回は「早稲田大学」を取り上げさせていただきました。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


月額500円! 山手線圏内をカバー!
昔、ライブドアlivedoor)が無線LANサービスの開始時にこんなこと言ってました。


今回は、ライブドア無線LANを採用した大学を紹介します。


早稲田大学」です。 (ITproより)

screenshot
ライブドアは2009年10月29日,大学や専門学校など各種教育機関向けの公衆無線LANサービス「livedoor Wireless アカデミック ソリューション」を開始したと発表した。
(省略)第一弾として,10月から早稲田大学西早稲田キャンパスへの導入が始まっている。



ふむふむ。メリットは以下の通り。
教育機関の生徒などは,同じIDでキャンパスでも,livedoor Wirelessの既存エリアでも無線LANインターネットを利用できる。
ネット機器などの構築・運用コストと人的コストの負担を少なく抑えて,キャンパス構内に無線LANインターネット環境を用意できる


なるほど。結構魅力的ですね。



livedoorプレスリリースにも載っています。
■「livedoor Wireless アカデミック ソリューション」提供開始! 〜第一弾として早稲田大学 西早稲田キャンパスへ〜


で、導入事例サイトを見てみる。「livedoor DATAHOTEL」より。

screenshot
カフェテリア・売店・情報ギャラリー・実験室・端末室・理工学部教室・研究棟が入っている西早稲田キャンパス63号館1、2、3Fの共有部を中心に複数の無線LANアクセスポイントを設置、学生・関係者は持ち込みの様々な無線LAN対応デバイスで自由にインターネットを利用可能。



写真つきで紹介されています。
紹介の中に「外部来場者への開放ネットワークとしての活用」というのもあります。
これもメリットの1つなのでしょう。


ただ、気になるのは以下の紹介記事。「BB Watch」サイトより。

screenshot
 「アカデミック ソリューション」の利用ユーザーは、個別に「livedoor Wireless」と契約する必要があり、月額利用料は525円、初期設定費用は1050円。
同一のIDと設定で、一般向けの公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」も利用できるほか、学外の人でも「livedoor Wireless」利用ユーザーであれば「アカデミック ソリューション」のアクセスポイントが利用できる。



気になることその1。
学生は月額料を払うのか? 大学で肩代わりするかしないかは大学次第?


気になることその2。
記事の「学外の人でも「livedoor Wireless」利用ユーザーであれば「アカデミック ソリューション」のアクセスポイントが利用できる。
これ、大学によっては認めたくないところもあると思う。



以下には「大学関係者以外はキャンパス内に入館出来ませんのでご注意ください」と明記されてます。
 livedoor Wireless 屋内エリア(飲食店・商業施設)のご紹介 「早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館」


ちなみに、早稲田大学サイトを見てもこれに関する告知は見つかりませんでした。
西早稲田キャンパスにある「理工メディアセンターサイト」を見ても特に無し。。
まだサービスは開始していないのかな。


おまけ。


livedoor無線LANエリアMAP」を見てみる。
 対応エリア 東京都新宿区大久保3丁目
西早稲田キャンパス内にアンテナ無し。反映されていないだけかな。
※それにしても新宿区、結構アンテナあるな。




実は、本学にもライブドアからこの件で「どうですか?」と連絡がありました。
サービス中の学内無線LANの機器をリプレースするタイミングになったら検討してみようかな。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ