これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

立命館から月50万のアルバイト代が出るお話

今回は「立命館」を取り上げさせていただきました。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


自分がこの大学の学生なら(職員なら)あまり気持ちのいい話ではない。。


学校法人立命館」です。


http://sankei.jp.msn.com/life/education/100331/edc1003310000000-n1.htm (2010.3.31)
screenshot
学校法人立命館が、北海道にある系列中学高校の創立者(故人)の妻だった女性(80)を「名誉顧問」に据え、約10年にわたりアルバイト料名目で月50万円を支払っていることが30日、同法人への取材で分かった。
学内に名誉顧問についての規定はなく、景気低迷で学生の学費滞納などが表面化する中、批判の声もあがりそうだ。



月50万て、結構な額だ。
学校側は「稟議で決まったことで問題はないと考える」とし、今後も支払いを継続する方針という。」とのこと。


で、別の記事を見ると、この系列学校名がわかります。



http://www.topics.or.jp/worldNews/worldSociety/2010/03/2010033101000385.html (2010.3.31)
screenshot
学校法人立命館京都市中京区)が、系列校の立命館慶祥中学・高校(北海道江別市)の「名誉顧問」の女性(80)に、アルバイト代名目で11年にわたり毎月50万円、賞与を含め総額約9500万円を支払っていたことが31日、分かった。


最初のニュースより総額が増えてます。
賞与を含め総額約9500万円〜」って、賞与まで払ってたんだ。


女性に勤務実態はなく、立命館は「手続き上のミスがあった」と認め、4月から役員報酬として同額を支給する。
名目も「アルバイト代」から「役員報酬」へランクアップ!


お金にまつわる話として、立命館ではこんなのもありましたね。



立命館の理事長、総長の退任慰労金が倍増に (asahi.comニュース。ウェブ魚拓より)
screenshot
学校法人立命館京都市中京区)の理事長と総長の退任時に支給される「退任慰労金」が、3月の理事会で内規が改定され、従来の倍額に引き上げられたことがわかった。
昨年12月にさかのぼって適用することも決めたため、今年1月に退任した前理事長への慰労金が6千万円から1億2千万円になった。立命館大学職員組合は「学費が値上げされる中、学生の父母の負担を考えると遺憾と言わざるを得ない」としている。


以前、この前理事長の記事を見て「立命館すごい!」って思ったけどな。 以下参照。



http://benesse.jp/berd/center/open/dai/between/2002/05/bet18410.html
screenshot
立命館では、各部課全員で、学園の方針から業務に至るまで、さまざまなテーマについて議論する『業務会議』を週に1回設けている。職員が議論に集中できるよう会議は半日をかけ、その間、窓口は閉鎖する。


この会議って、今もやってるのかな。 (窓口閉鎖して会議ってどうなのよ)




気づくと、別の話題になってました。失礼。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ