これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

箱根駅伝の6区って100M13秒台で下るって?!

今回は「箱根駅伝」を取り上げました。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


もうすぐ箱根駅伝ですね。皆さんの大学(勤務先、出身等)は出ますでしょうか。


私、割りと好きで毎年見てたりします。


5区など「山の神」ネタで最近騒がれてますけど、実は6区も結構すごいのですね。


http://www.hakone-ekiden.jp/faq/index.html


Q.山登りと山下りはどんな感じ?


A.82回大会から中継所が小田原方向に2.5km移動したことにより、5区の高低差は更に大きくなり、約864mになりました。
しかも23.4kmという最長区間で、最もタフな区間といえます。
逆に6区は、この高低差を一気に下るわけですから、 選手は平均して100mを16秒前半、時には13秒台までスピードアップして走る事もあり、経験者に言わせると「落ちていくような」感覚で、太ももはレース後1週間使い物にならなくなるそうです。


100m13秒台!


テレビで見てるとあまり伝わってこないけど、かなり猛スピードで走っているのですね。


さらに「太ももはレース後1週間使い物にならなくなる」か。。


走るコースのMAPを見てみる。


http://www.hakone-ekiden.jp/course/index.html


【 6区 】
最初の4キロを登ってから一気に下る。朝の箱根山中は冷えるため、防寒対策が必要。くだりで飛ばしすぎると、残り3キロが苦しい。ペース配分がカギだ。


6区って最初登りだったんだ!


如何によく見ていないことが思い知らされる。。(-_-;) 今年は6区にも注目してみよ。




個人的には、1位(上位)を走る選手以外もたくさん映してほしいなぁと思うのです。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ