これでも大学職員のブログ

「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。※旧URLにアクセスするとリダイレクトされますのでご安心を。

ブラウザ上で動くTwitterクライアントを試しまくってみた。(一言レビュー付き)

今回は「ツイッターのWEBクライアント」を取り上げました。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


★2012.11.26更新。「Tabter(タブッター)」を1位へ格上げ!!

★2012.04.11更新。「かふぇったー」を追加。

★2012.03.24更新。「tweetdeck」バージョンアップ情報を追記。

★2012.03.06更新。「Brizzly」を追加。



ブラウザ上で動作するtwitterツール(WEBクライアントソフト)をいろいろ試してみました。 


レビュー(感想)は直感です。ご承知のほどを。



今回試したツイッターWebクライアント
・HootSuite  ・tabtter(タブッター)  ・ついっぷる  ・GrabInbox  ・crowy  ・seesmic  ・TwitIQ  ・TweetDECK  ・twicli  ・Brizzly  ・かふぇったー



私の独断と偏見では
 1位 Tabtter(無料版)  2位 TweetDECK  3位 HootSuite  4位 ついっぷる  です。 




タブッターの無料版が復活したのでダントツの1位としました。


tabtter(タブッター) 公式サイト→ Tabtter Free | ブラウザだけでOK!無料Twitterクライアント


画面イメージ。

メリット
 機能が充実しすぎている。 利用者の声をかなり反映している様子。
 そして何より軽い! タブでサクサク切り替え。


デメリット
 すこしごちゃごちゃしている。広告が常に表示。 しかし慣れの問題。


機能は有料版の方が優れているけど、普段使うには無料版で全然問題なし。


※有料版(広告無し版)はこちら。
Tabtter | Twitter向けクライアントと各種ツール





HootSuite 公式サイト→ HootSuite


画面イメージ。


メリット
 とにかく機能が多い。見たりつぶやいたりする上で必要な機能は十分揃ってます。
 Google Chromeなら「Fix HootSuite Ext」という拡張機能を使うと更にいいでしょう。


デメリット
 重い!! とにかく重い。  これだけがネック。 軽かったら迷わずこれを選ぶでしょう。


ひとこと
 重いながらも根強い人気。中上級者向け、かな。


私も時々使っています。使いこなせてないけど。




TweetDECK 公式サイト→ TweetDECK


画面イメージ。


2011.3.24更新。
tweetdeckがバージョンアップされて、かなりいい感じになってきてます。
「Interactions」機能がおすすめ!
Twitter、“Interactions”“Activity”カラムが追加された「TweetDeck」v1.3 - 窓の杜



メリット
 画面を左右に動かす捜査が独特。(スクロールバーを使いません) あとまあまあ軽いです。


デメリット
 設定メニューが貧弱。ほとんどカスタマイズできない。


ひとこと
 twitter社に買収されて改悪された模様。
 ※ただ、バージョンアップによりだいぶよくなってきたようです。




ついっぷる 公式サイト→ ついっぷる(新Ver)


画面イメージ。


メリット
 初心者向け、とうたっているが必要機能は十分。 見やすい。
 何となくで使えてしまう。


デメリット
 画像がついっぷるのサイトにアップされてしまう。 選べるといいのに。
 リツイート数が(1クリックしないと)表示されない。


ひとこと
 ツイッターのWEBクライアントの中では一番有名かも。


旧バージョンもあり。こちら → http://1st.twipple.jp/unlogin/index.html



GrabInbox 公式サイト→ GrabInbox


画面イメージ。


メリット
 画面が見やすい。一画面内で様々な新着を教えてくれる。それなりに軽い。 


デメリット
 検索が出来ない(これはイタイ)。 メニューが全て英語。


ひとこと
 割と新しいツール。これからどう進化していくのか楽しみ。



crowy 公式サイト→ Crowy - Social Communication Dashboard


画面イメージ。


メリット
 画面イメージはHootSuiteと非常に似てる。 が、HootSuiteに比べて段違いに軽い!
 インターフェースが何となくおしゃれ。


デメリット
 最初に広告が出る(少々うざい)。 なぜかリツイート数が表示されない。


ひとこと
 じわじわと人気上昇中のようです。



seesmic 公式サイト→ https://seesmic.com/


画面イメージ。


メリット
 2ペインで左メニューからいろいろ選択できるのが面白い。 まあまあの軽さ。
 ダイレクトメッセージの専用画面があり、これも2ペイン。


デメリット
 なぜかリツイート数が表示されない。


ひとこと
 デフォルトは英語メニューですが、日本語に設定変更できます。


これからどう進化していくのか楽しみ。



TwitIQ 公式サイト→ Twit IQ - Twit more out of IQ


画面イメージ。


メリット
 画面が簡素。
 「My Watchlist」「My Channels List」という独自機能あり。(試してないのでよくわかりません)


デメリット
 全部英語。 画像投稿もできない。広告邪魔。 HootSuite以上に重い!


ひとこと
 こりゃだめかな。




twicli 公式サイト→ twicli - A Web Browser-Based Lightweight Twitter Client


画面イメージ。


メリット
 一気にタイムラインを読むには便利。 スペックの低いPCでも十分だと思われる。


デメリット
 ごちゃごちゃしている。 画像投稿できない。


ひとこと
 個人的にはちょっと。。




Brizzly 公式サイト→ brizzly | a social site without all that pesky social stuff


画面イメージ。


メリット
 デザインがかわいい。しかも嫌みがない。そんなに重くもないです。 
 日本語メニューにもなってます。


デメリット
 リツイート画面が無い。 (Mentionsはあるけど)
 いろいろな設定をする画面(オプション設定)も無さそう。


ひとこと
 Google Chromeなら拡張機能があります。(試してはいない)
  →https://chrome.google.com/webstore/detail/fafnphfmggfjfjgoahpnfkpbmgpfcofk?hl=ja#detail/fafnphfmggfjfjgoahpnfkpbmgpfcofk?hl=ja




かふぇったー 公式サイト→ かふぇったー[カフェッター]


画面イメージ。


メリット
 昔のツイッター本家のデザインと似ている。日本語メニューにもなってます。
 だれでも簡単に使えそう。


デメリット
 昔のツイッター本家のデザインと似ている。メリットでもありデメリットでもあり。
 機能は必要最小限。


ひとこと
 面白みはありませんが、その分長く使えるかも。


 ※独自機能としては「顔文字が簡単に入力できます」機能あり。


以上です。 間違い等ありましたら(あると思います)ご指摘下さい。


※どれにしようかなぁ。。(-_-;)  なぜ私はブラウザベースにこだわる?




参考。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ