これでも大学職員のブログ

twitterもやっています。@koredemo

Twitterを使ったアンケートの結果(記録用)


更新履歴不定期に更新)
2022.09.18 更新。大学職員の夏休みに関する投票結果を追加。
2022.10/23 更新。大学職員の内定に関する投票結果を追加。


はじめに


Twitterの「投票」機能を使い、主に大学教職員の皆様の声をお聞きすることがあります。
その結果を貼ります。


目次

  • 大学職員全般に関するアンケート結果
  • お仕事、お休み関連のアンケート結果
  • テレワーク関連のアンケート結果
  • 新型コロナのワクチン接種のアンケート結果
  • その他のアンケート結果


大学職員全般に関するアンケート結果




お仕事、お休み関連のアンケート結果




テレワーク関連のアンケート結果


2020年4月より、同じ質問を時期をずらして3回とりました。




新型コロナのワクチン接種のアンケート結果


2021年6月より、ほぼ同じ質問を時期をずらして3回とりました。




その他のアンケート結果


以上。

大学職員アカウントのTwitterフォロワー数ランキング



2022.07.16に公開。毎月更新するようにしています。

最終更新 2022.12.03 フォロワー数を更新。それにより順位も更新。



はじめに


以下2つを満たす個人用アカウントを掲載しております。

  • アカウント名やプロフィール等から「大学職員であろう」と判断されるアカウント
  • フォロワー数「1,000以上」のアカウント


掲載について。
・「他にも対象となるアカウントがある」、「大学職員ではないアカウントが載っている」といった場合、このブログにコメントをお願いいたします。
・「自身のアカウントを非掲載にしてほしい」場合は、私宛(@koredemo)にリプライをお願いいたします。


ランキング


順位欄の記号。
」先月より順位アップ。
」先月より順位ダウン。
」先月と順位変わらず。
New!」新たにランクイン。

※フォロワー数は、2022/12/03時点。

1位
28,101
2位
9,071
3位
7,374
4位
5,167
5位
5,133
6位
4,696
7位
4,619
8位
4,589
9位
4,522
10位
4,411
順位
フォロワー数
アカウント
11位
4,368
12位
3,653
13位
3,565
14位
3,475
15位
3,287
16位
3,068
17位
2,955
18位
2,824
19位
2,810
20位
2,791
順位
フォロワー数
アカウント
21位
2,380
22位
2,320
23位
2,268
24位
2,261
25位
2,241
26位
2,220
27位
2,142
28位
2,110
https://twitter.com/kam1co ※鍵アカ。(非公開アカウント)*1
29位
2,084
30位
2,045
順位
フォロワー数
アカウント
31位
2,024
32位
2,010
33位
1,964
34位
1,871
35位
1,865
36位
1,765
37位
1,724
38位
New!
1,706
39位
1,660
40位
1,548
順位
フォロワー数
アカウント
41位
1,528
42位
1,523
https://twitter.com/silentmajoruniv ※鍵アカ。(非公開アカウント)*2
43位
1,518
44位
New!
1,495
45位
1,492
46位
1,473
47位
1,467
48位
1,455
49位
1,376
50位
1,367
順位
フォロワー数
アカウント
51位
1,365
52位
1,347
53位
1,336
54位
1,325
55位
1,265
56位
1,262
57位
1,252
58位
1,216
59位
1,215
60位
1,213
順位
フォロワー数
アカウント
61位
1,180
62位
1,154
63位
1,154
64位
1,114
65位
New!
1,087
66位
1,080
67位
1,078
68位
1,050
69位
1,029
70位
1,028
https://twitter.com/433_st ※鍵アカ。(非公開アカウント)*3
順位
フォロワー数
アカウント
71位
New!
1,006
72位
New!
1,003


以上。

*1:鍵アカの場合、上記TwitterリンクはURLのみの表記になります。(はてなブログの仕様?)

*2:鍵アカの場合、上記TwitterリンクはURLのみの表記になります。(はてなブログの仕様?)

*3:鍵アカの場合、上記TwitterリンクはURLのみの表記になります。(はてなブログの仕様?)

法政大学が苦渋の決断「インターネット利用を制限します」

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


大学内でのSNSや動画の利用者の増加により、インターネット回線が圧迫している大学はまあまああるかと思われます。

法政大学の場合。


 法政大学
 学内でのインターネット接続サービス利用に関する利用制限のお知らせ (2015年12月21日 総合情報センターより)

http://net2010.hosei.ac.jp/news2/info20151221t01.html

最近、全キャンパスでのインターネット利用において、反応が悪い・繋がりにくいなどの事象が頻発しており、皆様にはご迷惑をお掛けしており誠に申し訳ございません。

全キャンパスにおいてインターネットの利用量は年々増加しており、特にYoutube等動画共有サイト、SNS(Facebook、Twitter、LINE、Instagram等)、ゲームサイト等へのアクセス、ファイル共有ソフト(BitTorrent、Skype等)の利用が多く発生し、学内でインターネットを利用するための回線領域の約70%が使用されている状態です。

そこで本学では、去る2015年12月7日、法政大学教育学術情報ネットワークシステムにおける通信データ量の増加が、教育研究活動に重大な悪影響を及ぼす状況に近付いてきていることから、不要・不急のインターネット接続を控えて頂くようお願いしました。

しかしながらその後も通信データ量は横ばい傾向であり、さらなる対策が必要な状況にあります。そこで、苦渋の決断として以下の利用制限を実施する決定をいたしましたのでお知らせします。


苦渋の決断」だそうです。


アプリケーションレベルで遮断・許可できるFirewall(システム)を入れているのかな。

回線を増強すればいいのですが、結構お金もかかりますし、そもそもゲームやプライベート用途のために増強する必要はないという決断に至ったのかも。


※大学のネットワークは(名目上は)教育・研究のためのネットワーク。


制限内容のページが「学内のみ」なのでどんな制限かはわかりませんが、動画やSNSとか制限がかかる可能性は高いですね。


※無線LANだけ制限とか。または、昼間だけ制限とか。

一度注意喚起のお知らせも出していますがあまり効果は無かった模様。↓

 [http://net2010.hosei.ac.jp/news2/info20151110k01.html:title=学内でのインターネット利用に関するお願い:bookmark] (2015年11月13日 総合情報センターより)

学内でインターネットを快適にご利用いただくために、利用者の皆様にはYoutube等動画共有サイト、SNS(Facebook、Twitter、LINE、Instagram等)、ゲームサイト等へのアクセス、ファイル共有ソフト(Bittorrent等)の利用は不急の場合にはお控えいただき、節度あるインターネット利用にご協力いただきたくお願い申し上げます。


正直「控えてください」では効果はあまり見込めないでしょうね。(こういう経験あります)

それにしてもこの絵、分かりやすい。訴えが伝わってくる。

http://net2010.hosei.ac.jp/_img/traffic_warn5.png


参考。
立教大学も一時的にTwitter等を制限をかけていることがありました。


 立教大学
 [https://spirit.rikkyo.ac.jp/mediacenter/default.aspx:title=インターネット通信速度低下について(7/21 制限を解除しました):bookmark] (2015/07/21 メディアセンターより)

https://spirit.rikkyo.ac.jp/mediacenter/Lists/Vc5.Community.News-NewsItem/Post.aspx?ID=243

Twitterも結構帯域を使う模様。



大学のネットワークは(名目上は)教育・研究のためのネットワーク。

とはいえ、動画やSNSも“教育研究目的での利用”もあるでしょうから、なかなか難しいところです。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

東京農工大学がPC教室を無くす模様

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


久々の投稿です。 (約1年半ぶり。新規投稿のやり方も忘れている。。)


以前九州大学がPC教室を無くすことを取り上げました。


 九州大学は数年内にPC教室を全廃するらしい(2014/03/24投稿)


既に来年度の新入生用の告知もあり。


 平成 28 年度学部入学者個人用パソコン(ノート型)の購入について(平成 27 年 12 月 2 日)


とはいえ、以下ページを見る限りでは、パソコン室は今もあるようです。(全てiMacだ)



 パソコンの設置場所、台数、開室時間 (九州大学 教育情報サービスより)
http://ecs.kyushu-u.ac.jp/?page_id=223



閑話休題。


東京農工大学も来年でPC教室を無くすそうです。



東京農工大学サイトより。


 [http://www.edu2016tr.imc.med.tuat.ac.jp/:title=次期電子計算機システムの情報提供サイト:bookmark]

http://www.edu2016tr.imc.med.tuat.ac.jp/


なかなか思い切った方針。


上記ページの「BYOD」とは、要は学生が自分のノートPCを大学に持ち込んで大学のネットワークに接続し利用する形態です。


ノートPCは、windowsでもMacでもChromebookでもいい模様。


これは、大学が用意する仮想デスクトップにアクセスすることで同一環境の提供が実現できるからですね。
以下参考。



HTML5に対応したWebブラウザがインストールされた機器であれば、どんな端末でもWebブラウザを通じてWindowsデスクトップへアクセスできるようになります(端末環境に依存しません)
([http://www.edu2016tr.imc.med.tuat.ac.jp/home/overview1#TOC-PC-:title=次期電子計算機システム 全体概要より:bookmark])


PC教室を無くすということで「大学がPCを買う金をケチった!」ようにも見えますが、この仮想環境の構築には結構お金かかっていると思います。


(維持、メンテナンスの費用も毎年結構かかるはず。労力も)



何にせよ、所持するノートのO/Sに選択肢があるのはいいことです。
これも仮想デスクトップ環境をサービスできるからこそ。


※しかし、これだけのシステムを管理、運用するのは結構大変なことと思います。





なお、今回のシステム構築を落札したのはユニアデックスの模様。


上記ページを見ると、このタイミングで「Gmail(Google Apps)」と「Microsoft Office365」も導入する模様。


学生は2種類の大学用メールアドレスを持つことになるのですね。
※そういう大学が増えつつあります。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

ついに慶応義塾大がGmailを導入します。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ



日本の大学では、以下の何れかのメールサービスを利用するところが増えてきました。


Yahoo!メール  ・Gmail  ・Office365(Microsoft社)


そして今回の慶応義塾大学の決断。


以下、慶応義塾大学ITCからのお知らせです。



次期慶應メール(Google Apps for Education)に関するお知らせ (2014年5月21日)


http://www.itc.keio.ac.jp/ja/keiojp_keiomail2.html

これまで約10年にわたってサービスを提供してまいりました慶應メールにつきまして、この度、"Google Apps for Education" (Gmail) を導入し、メールシステムを移行することになりました。


なお、データの移行や利用方法をはじめ、詳細につきましては、今後、ITC の Web ページやメールによる全体配信等で継続してお知らせいたします。ご不明な点等につきましては、その都度対応できるよう、十分なサポート体制を整備して移行を進めてまいります。皆様のご協力をお願い申し上げます。


また、現時点でのスケジュール概要について、以下のとおり、お知らせいたします。


[移行スケジュール]
現在の慶應メール
今年度末(2015年3月31日)をもってサービス終了
次期慶應メール "Google Apps for Education" (Gmail)
今年度(2014年度)秋学期(年内予定)に移行期間としてサービス提供を開始
次年度(2015年4月1日)完全移行、正式にサービスを開始


今秋に導入。現メールシステムは来年4月で終了の模様。


恐らくYahoo!メールやOffice365も検討したはず。


Gmailの決め手は何だったのだろう。気になります。


Google社サイトで導入事例とかで取り上げないかな)



FAQページも充実しています。気になる点など。



次期慶應メールに関するFAQ | 慶應義塾ITC

http://www.itc.keio.ac.jp/ja/keiojp_keiomail2_faq.html


(Q12) 一度設定したメールアドレスは後で変更できますか。


(A12) 原則として変更できません。メールアドレスの取得時には、教育・研究活動や就職活動等、公の場で使用することを熟考の上、タイプミスに気をつけて、手続きしてください。


この文面からすると、学生にてメールアドレス(@の左側)はある程度自由に決めることができるのかもしれません。


(だとしたら素晴らしい柔軟性)


ちなみに早稲田大学では既に「Yahoo!メール」を導入しています。


早稲田大学がやっとYahooメールスタート! - これでも大学職員のブログ


「Waseda-netメール」もありつつ、セカンドメールという位置づけで「Yahoo!メールも」ある、というお話。


(何だかよくわかりません)




参考。
以下、Gmail導入一覧です。ここ2年ほど、全然更新していません。m(__)m


Gmail導入大学一覧 - これでも大学職員のブログ




にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

名誉教授はあるが名誉職員はない。と思ったらあった。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ



「名誉教授」。


別に報酬があるわけでもありません。単なる肩書。



そして「名誉職員」。こんな称号までもあるのですね。


横浜国立大学です。



http://www.jmk.ynu.ac.jp/kisoku/act/frame/frame110000147.htm

http://www.jmk.ynu.ac.jp/kisoku/act/frame/frame110000147.htm


第1条 国立大学法人横浜国立大学(以下「本学」という。)に永年勤務し、退職する功績著しい事務職員に対する横浜国立大学特別名誉職員(以下「名誉職員」という。)の称号の授与は、この規則の定めるところによる。
(選考の基準)
第2条 名誉職員の称号は、本学の事務系職員として、他機関との人事交流期間を含め30年以上勤務し、副課長、副事務長又は技術専門員以上の職で退職する者に対して、本学退職時に選考して授与する。


平成19年度から始まったようです。最近の話です。


過去の授与式の模様も。


特別名誉職員の称号記授与式を行いました

http://www.ynu.ac.jp/topics/topics_617.html


本学では平成19年度より特別名誉職員の称号授与規則を設け,称号記授与式を10月26日(金)に事務局長室で実施しました。同称号は本学の事務系職員として他機関との人事交流期間を含め30年以上勤務し,副課長相当職以上の職で退職する者から選考して授与するものです。栄えある第一号の被授与者は,今年3月に退職された元経理課長の戸井田佐登志氏となりました。
 今後,特別名誉職員の称号を授与された方々は,本学が実施する各種活動や学生支援へ参加される際は,シニアスタッフと称して在籍時に蓄積された経験を余すところなく発揮していただき,大学の活性化と発展に力添えしていただきます。
(総務部人事・労務課)


他大学ではあまり無いと思います。


(この大学以外であるのだろうか)





名誉教授。時々ですが、称号を辞退する退職教員もいます。


何かかっこいい。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

「ブラウザ?何それ」と聞き返してくる電話相手に、何を使っているかを聞き取る術

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ



Internet Explorer脆弱性の件、テレビや新聞で取り上げられまくっています。


IE使うな令」とか出ている会社とか学校もあるのでしょうか。



※福岡県では職員や教員の全パソコンでのIE利用禁止令が出た模様。
http://www.47news.jp/localnews/hukuoka/2014/05/post_20140501013324.html (2014/05/01) 


昨日こんなツイートをしました。

そしたら予想以上に返信をいただいたので、適当に紹介させていただきます。


※「なるほど」と感心してしまうものもいくつかありました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


















































返信していただいた皆様、ありがとうございました。m(__)m


※もし「削除してほしい」場合、ご連絡いただければ削除いたします。




あとこんなページもありますね。

Support Details | Tech Support Management


このURLを相手にメールで送ってクリックしてもらうのもあり。


(でもそのやりとりすら大変な場合もありますのでご注意)



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ